維新物語へ、ようこそ!!大阪維新の様々な活動を綴っております!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日、夕方、大阪府庁に駐日ミャンマー大使 キン・マウン・ティン氏が

松井知事を表敬訪問されます。


人口6000万人、手つかずのロケーションと多くの地下資源を持つ

ラストフロンティアと称されるミャンマー。
 
民主化の流れの加速、今後の経済成長と未知の市場が眠る国ミャンマー。

稼ぐ大阪、アジアの窓口としての発展を目指す大阪。

アジア外交の1つのネットワークとして、ミャンマーを視野に置き、

今後の大阪にとってプラス材料の情報を得ることは非常に大事です。


122_convert_20120801122816.jpg


127_convert_20120801123000.jpg


IMG_0172_convert_20120801123048.jpg


IMG_6707_convert_20120801123223.jpg


IMG_6700_convert_20120801124517.jpg


P1020666_convert_20120801122522.jpg


大阪の名もなき若者で、ミャンマーの勉強会を初めて3年。

この2月に初訪問し、半年で3回ミャンマー・ヤンゴン市に足を運び、

現地政府関係、ビジネス関係者等と意見交換を行っています。




先月の ウイン・ミン商業大臣の来阪、そして、東大阪市内の工場視察。

今回の駐日大使の知事訪問。


一つの起点(4月の選挙)の変化で、大きく物事が一気に動き出すこの国のパワーには、

自国の発展に期待と成長の兆しが大きく芽生えている事が、行動にあらわれているのでしょう。




今回の訪問が儀礼的な交流ではなく、

大阪経済に深く繋がる交流をスタートさせる一歩だと思います。



まだまだ、数少ないミャンマー情報ですが、日本で想像する以上に現地は活気に溢れています。


世界各国が大きな投資に動き出す中、大阪独自で取り組める 規格、企画 の提案はたくさんある国です。


松井知事自らが、ミャンマーに関心を向ける事は、

世界情勢を見れば、スタンダードな視点だと思います。

2015年にミャンマー総選挙が行われます。

今からネットワークを大阪が持つことは、非常に重要です。

資源の乏しい国日本、資源の豊富な国ミャンマー。









スポンサーサイト

ミャンマー経済セミナーに参加しました。

7月9日から12日。東京、京都、大阪で経済交流、セミナーが開催されました。

ミャンマー国 ウイン・ミン商業大臣が、


ミャンマーの現状と今後の経済についてプレゼンです。


m_convert_20120713062405.jpg


「ラストフロンティア・ミャンマー」として、世界が注視される国。

民主化の流れ、人口6000万、豊富な地下資源、手つかずのロケーション様々な魅力が多く残る。



___convert_20120713062227.jpg


昨日のセミナーでも、地元東大阪の企業の方も参加されて、今後の動向を注視しながら、

ビジネスチャンスを模索されていました。

__myann_convert_20120713062132.jpg

ミャンマーに関しては、まだまだ情報量が少ないのが現状であります。

直接政府関係者からのセミナーは非常に参考になります。


ウイン・ミン大臣は、軍出身大臣が多い政府の中でも、

ミャンマー商工会議所会長を12年間勤められた方であり、経済交流の要でもあります。




ミャンマーに関しては、僕も関心を持ち続け、3年前から名もなき若者で勉強会を行い、

国を頼らずの独自ルートを開拓しています。



この半年で、ミャンマーへは3回訪問して、政府関係者、経済人等などと人間関係を作り上げていますが、

一方通行ではなく、ラウンドの交流は非常に大事です。



アジアの窓口を目指す大阪。

大阪独自のルートを持つことは、生きた情報をダイレクトに取るために重要と考えています。

8月には駐日大使が大阪へ。

秋にはプロモーションと続く、ミャンマーとの関係づくり。



今後、国内のアジアビジネスの拠点として大阪がポテンシャルが高まる様に、

ルート開拓に力を注ぎます。



最後に、ウイン・ミン大臣一行は、東大阪の工場視察を行ってくださいました。









東大阪から東京への新たな路線が運行しました。


DSCF1484_convert_20120616085357.jpg

東大阪に本社持つ、大阪バスが、京都、名古屋に続いき、東京行も運行開始です。

DSCF1481_convert_20120616085133.jpg



DSCF1489_convert_20120616085252.jpg


様々な交通手段が増え、時間の選択も増える事は、生活スタイル、ビジネススタイルが

多様化している中で、新たなツールの登場は歓迎です。






〔東京特急ニュースター号〕のご案内です。
「東大阪布施駅・天王寺駅・大阪駅・京都駅~東京駅・北区王子駅」間を毎夜1往復、豪華1人掛け独立3列シート(トイレ付)で運行。

●大阪・京都発→東京行き時刻表
便名 東大阪
布施駅 天王寺駅 大阪駅 京都駅 → 東京駅・北区王子駅

20:50発 21:30発 22:10発 23:20発 → 6:30着・7:40着

●東京発→京都・大阪行き時刻表
便名 北区
王子駅・東京駅 → 京都駅 大阪駅 天王寺駅 東大阪布施駅


22:30発 23:30発 → 5:30着 6:40着 7:10着 7:50着

片道料金7000円(平日)










































府政報告会を行いました。


ダブル選挙後の、維新の会の活動。

府市統合本部で行われている議論。

維新政治塾等の話を中心に報告しました。


蜀咏悄_convert_20120615091401


蜀咏悄_convert_20120615090947


特に現在の国会で提案されている、「大阪都」特例法案がどの様な、結論になるのかを注視して頂きたい事と、

この3年で地方政党が、国の政治を大阪が動かした「この変化を」共有できたのではないのでしょうか?



特に、6名からのスタート時もよく知り

松井知事も、議員当時から何度も足を運んでくれた会場でもあり、

我々の行動・変化を一番感じてくれているのではないのかな?

だけに、結果が出なければ厳しい批判も当然です。


府政報告は、自らを追い込んで行く場でもあります。



















おはようございます。

今日は、早朝から大阪港に入港する2隻のコンテナ船を見学しました。



午前6時過ぎぐらいから、沖合にコンテナ船の姿が。


午前6時30分過ぎぐらいから、2隻のコンテナ船の航路近くで、

タグボートが待機していました。




IMG_2997_convert_20120520102426.jpg





先に、航路を進んでいたコンテナ船は、コスモスクエアー駅前を通過し、奥の岸壁に向かっていきました。


コンテナを積載し航行している光景は、迫力がありました。




IMG_2998_convert_20120520102510.jpg

後続を航行していたコンテナ船は、夢洲岸壁に接岸。

沖合で待機していたタグボートは、このコンテナ船の接岸作業をサポートしていました。


IMG_3001_convert_20120520102612.jpg



岸壁が近づき、タグボートが船尾を押しながら、コンテナ船を接岸させていました。


IMG_3002_convert_20120520102654.jpg



沖合からの入港の流れを見れる機会があり、また一つ港湾に対する興味が一層深くなりました。


日曜日の時間外での入港作業なので、作業していたのは民間タグボートなのでしょうね?


府市港湾統合の議論の参考にします。




















































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。