維新物語へ、ようこそ!!大阪維新の様々な活動を綴っております!!
ミャンマー経済セミナーに参加しました。

7月9日から12日。東京、京都、大阪で経済交流、セミナーが開催されました。

ミャンマー国 ウイン・ミン商業大臣が、


ミャンマーの現状と今後の経済についてプレゼンです。


m_convert_20120713062405.jpg


「ラストフロンティア・ミャンマー」として、世界が注視される国。

民主化の流れ、人口6000万、豊富な地下資源、手つかずのロケーション様々な魅力が多く残る。



___convert_20120713062227.jpg


昨日のセミナーでも、地元東大阪の企業の方も参加されて、今後の動向を注視しながら、

ビジネスチャンスを模索されていました。

__myann_convert_20120713062132.jpg

ミャンマーに関しては、まだまだ情報量が少ないのが現状であります。

直接政府関係者からのセミナーは非常に参考になります。


ウイン・ミン大臣は、軍出身大臣が多い政府の中でも、

ミャンマー商工会議所会長を12年間勤められた方であり、経済交流の要でもあります。




ミャンマーに関しては、僕も関心を持ち続け、3年前から名もなき若者で勉強会を行い、

国を頼らずの独自ルートを開拓しています。



この半年で、ミャンマーへは3回訪問して、政府関係者、経済人等などと人間関係を作り上げていますが、

一方通行ではなく、ラウンドの交流は非常に大事です。



アジアの窓口を目指す大阪。

大阪独自のルートを持つことは、生きた情報をダイレクトに取るために重要と考えています。

8月には駐日大使が大阪へ。

秋にはプロモーションと続く、ミャンマーとの関係づくり。



今後、国内のアジアビジネスの拠点として大阪がポテンシャルが高まる様に、

ルート開拓に力を注ぎます。



最後に、ウイン・ミン大臣一行は、東大阪の工場視察を行ってくださいました。








スポンサーサイト